REPORT

2015.10.24 SuG HALLOWEEN PARTY 2015@よみうりランド

UPDATE2015.12.07

10月24日、昨年にひき続き今年もSuGのハ­­­­­ロウィンイベント<39GalaxxxyZ Presents「SuG HALLOWEEN PARTY 2015」produce by SuG×よみうりランド>が東京・よみうりランド(日テレらんらんホール)にて開催された。

SuGも、当日集まったFCのメンバーも、その気合いの入りまくった仮装姿は圧巻の一言。お互い、普段は絶対にしないコスチューム姿で、ライブやメンバー5人が揃ったトークイベント、抽選会などを通して、とことんハロウィンイベントを最後まで満喫。メンバーも参加したファンも、今年は“イヤォオ!!”のシャウトが忘れられないハロウィンパーティーとなった。

 

晴天に恵まれた当日。今回は午前中からmasatoが会場にスタンバイ。バンド内のビューティー担当(?)でもある彼が、物販で「ネイルシール」を購入したお客さんひとり一人の爪にネイルシールを貼ってあげるという企画は急遽決まったものだったのだが、当日蓋を開けてみると大盛況。パーティーが始まる前からこんなおもてなしをmasatoからされ、ファンは当然大興奮。

また、よみうりランド内では昨年大好評だった“SuG×よみうりランド ハロウィンキャンペーン”のコスペシャルコラボフードも大復活。今年は「BLACKカレー」(「食べたら辛かった」とyuji)、「BLACKポテト」、「CRIMSON SODA」の3メニューを全食コンプリートすると、ここでしか手に入らないオリジナルポストカードが配布されていた。

園内を満喫したあとは、さっそくパーティー会場となる日テレらんらんホールへと移動。この日は場内のスタッフも全員仮装姿でファンをお出迎え。入り口では、イベント来場者ひとり一人にハロウィンイベントらしくSuGペロペロキャンディーがプレゼントされた。場内を見渡してみるとマリオにシンデレラ、オラフに天使、ゾンビなどそれぞれヘアメイク、小物までこだわった仮装姿のファンがいっぱい!! そのカラフルとファンタジックとホラーな要素がごちゃまぜになった客席を見ているだけでも、猛烈に楽しくて、気持ちが高ぶる。仮装というものは、想像以上に凄いパワーをそこに生み出すものなのだ。

開演時間が過ぎると「street gothic」のBGMが流れ出し、場内からは手拍子がわき起こる。今年のメンバーのコスプレは……? ドキドキが最高潮に高まったところで、ステージに小さなダンボール箱が運び込まれ、そのなかからオラフのコスプレをしたshinpeiがまずは登場! 続いてアニメ『鋼の錬金術師』のエドになったChiyu、「ふしぎの国のアリス」のマッドハッターに扮したmasatoが姿を現し、yujiは“イヤォオ!!”という叫び声と柔軟な身体を生かしたくねくねポーズで注目を集める新日本プロレス所属の個性派レスラー、中邑真輔にとことんなりきり(昨年のメンディー関口コスはトレンドに上がるほど話題になったが、今年の中邑は知ってる人が少数だったため「家に帰って調べたら、“あ〜、これをやってたのか”ってもう1回今日のステージの俺の動きを思い出して笑えるはず」とyuji)、武瑠は新曲「SICK’S」に出てくるナースのコスチューム(武瑠が生地の総柄デザインから考えたもの)を身につけ、衝撃の女装姿で舞台に登場。

客席があちこちでざわつくなか「Howling Magic」や「DEAD or DEAD」、「Pastel Horror Yum Yum Show」とこの日のライブはハロウィンにちなんだダークメルヘンなナンバーでホラーに幕開け。その後「こんばんはSuGです」といつものように挨拶をした武瑠だったが、メンバーを見渡して「いったいこれがSuGなのかどうなのか」と大笑い。その後、メンバーそれぞれが仮装のテーマを紹介。その間もステージで身体をくねくねさせながら「イヤォオ!!」を何度も連発するyujiを見ながら「この人に負けない“イヤォオ!!”魅せて下さい」といって武瑠が客席を煽り、次の曲「overflow」がスタート。「HELLYEH」まで場内のボルテージを上げまくり、客席との一体感を急激に高めていった。

その後、「ここでね、女子に一つ謝りたい」と突然いいだしたのは武瑠。この日は女装しているせいか動きも抑え目で、自然と内股になり、仕草も女性的だったのだが……。

「こうやってスカートの裾を引っぱるの……やるわ。“(そんなこと)やるなら短いスカートはくな”って思ってたけど、やる(笑)。ソワソワ感半端ない。このスカート短すぎて」と照れくさそうに話したあと、「まーたん、これどうなの?」とmasatoに無茶ぶり。すると「分かるよ、女子のその感じは」と普通に返されてしまい、「まーたん、いまのは仮の仮の姿なんだ」と武瑠がぼそりとつぶやく。このあと12月16日に13枚目のシングル「SICK’S」が発売することを告げ、「そのMVを病院で撮ったんだ」という武瑠の話に続けて、yujiが「ガチでお化けが映っちゃった」とリアルホラーなエピソードも初公開。背中に冷たい汗が流れそうになったところで「mad$hip」が始まり、ライブは再開。「Crazy Bunny Coaster」、「39GalaxyZ」と最後はみんなで大騒ぎしながらタオルを回し、笑顔でライブは終了した。

 

ライブの後は、メンバーによるトークショーがスタート。

メンバー4人が椅子に座る(yujiは中邑になりきり、くねくね続行中のため、椅子にうまく座れない。その動きに観客は大爆笑)なか、司会進行役のshinpeiだけはオープニング同様、ダンボール箱のなかに着席。箱のなかにちょこんと座り込んでいる姿がまるで捨て猫のようで、shinpeiの愛らしさがここでは倍増。いま着ているオラフの衣装も「身長120cmの子供用サイズ!」といってみんなを驚かせ、「この箱の中にもすっぽり入れるよ」といいながら、身体を丸ごとダンボール箱のなかに収めてみせる。「そのスペースに慣れたら家の部屋とかめっちゃ広そう。2畳でも広いんちゃう?」とChiyuが話しかけると、肝心なshinpeiはオラフの頭が引っかってダンボールから出られなくなり、アタフタ。すると、masatoが優しい笑顔で手を差し伸べ、shinpeiをサポート

さらに、「ステージから見たみんなの(コスプレした)姿はすげぇシュールだよ」という武瑠の話からこの日気になったコスプレは? という話題になり、武瑠は「こっちが話し出すと姿勢よく静かに聞いてくれる死神」、masatoは「マリオとルイージ」、Chiyuはライブ中からあれが何なのか気になってたといって映画『ゴーストバスターズ』のマシュマロマンを指差し、様々なファンの凝った仮装っぷりをそれぞれ絶賛した。

新曲「SICK‘S」はライブではプレイされなかったものの曲については「現代病がコンセプト。そういう人が何かに夢中になってやれるきっかけになったらいいなと。この曲はSuGが復活以降一番派手なスペクタル作品になっていて、今回アー写はまさかのなし(笑)。SuGが出てるんだけどアニメーション。アーティストがみんな死ぬアニメーションがアー写代わりって、斬新でしょ? だから、みんな激ツイートよろしくお願いします」と武瑠から新曲にまつわる最新情報がたくさん伝えられた。

さらに、年末に行なう<SuG VersuS 2015>については、大阪開催決定を「すげぇ嬉しい」と人一番喜んでいたChiyuが「今回もオープニング映像を撮ったんですけど。去年は極悪SuGが勝ったからそこから続く内容なんですね。それの撮影のとき、俺の顔が極悪すぎるってNG出されました」と話し、場内の笑いを誘った。

こうして、最新のSuGの話題でひとしきり盛り上がったあとは、「質問コーナー」がスタート。「質問ある人?」とshinpeiがいうと、あちこちから手があがる。仮装してると大胆になれるのか、1問目から「今日のパンツは何色ですか?」という際どい質問が飛び出す。メンバーからはSuG代表してmasatoが「ヴィヴィアン(・ウエストウッド)の星柄です」と回答。「大阪の美味しいお好み焼き屋さんを教えて下さい」という質問にはChiyuが「そういうソウルフードは家で作るもんやし、俺はどちらかというと広島焼きのほうが好きやから……美月に美味しい店聞いてツイッターに上げるわ」と約束。「先日誕生日を迎えたyujiさん、今年のバースデーエピソードは?」という質問には「ケーキ食べたよ。ローソクも消した。家族に祝ってもらって、買い物にも行ったよ」とプライベートのほのぼのとした姿が伺える話を公開した。面白かったのが「遊園地の思い出を教えて」という質問が投げかけられたとき。メンバーから出てくる回答は「ピエロに追いかけられて怖かった」とか「ジェットコースターで前歯が欠けた」とか「太ってる人の隣りでジェットコースターに乗ったら身体を固定するバーが浮いて死ぬかと思った」とか「アトラクションに乗りながらゲロ吐いた」など、嫌な思い出ばかりなのだ。そのなかで、武瑠が「俺が中2の頃。バスケで一番輝いてた時期なんですけど。男子校だった俺に高1の女子が話しかけてきたんですよ! それでね、2人で遊園地に行ってアトラクションに乗ったとき、俺は寝たふりしてその子の肩にもたれかかったんだけど。信じられないぐらい胸がドキドキした(照笑)。そういう甘酸っぱい思い出があります」といって、最後にファンを思いっきり胸キュンさせたところで、質問コーナーは終了。

 

この後は、SuGのメンバーと一緒にアトラクションに乗れたり、サイン入りレアグッズが貰えたり、6ショットチェキが撮れる大抽選会がスタート。いつの間にか、yujiのアクション付きシャウトがここでは客席にどんどん拡散。メンバーに番号を読み上げられるたびに、お客さんの「イヤォオ!!」のシャウト、アクションがみるみるエスカレート。そして、抽選会が終わったあとは、みんなで「イヤォオ!!」をアクション付きで一斉にシャウトして(すごい光景だった!)、今回のハロウィンパーティーを締めくくった。

イベント終了後には、ニュー・シングル「SICK’S」のホラーなチラシと、2016年のSuG充はじめとして2016年2月13日〜14日にファンクラブ旅行開催決定を知らせるチラシが手渡され、パーティーが終わった後もファンは狂喜乱舞。よみうりランドのファンタジックなイルミネーションに包まれながら、笑顔のまま帰路についた。