”君の花になる”はトップマネジメントのパクリ?脚本や原作も調査!

君の花になる

2022年10月18日から放送が開始されたドラマ「君の花になる」(TBS系・火曜午後10時)

”本田翼さん演じる元高校教師・仲町あす花が、デビューするも売れない7人組アイドルグループ「8LOOM」が暮らす寮の寮母となり、彼らの「トップアーティストになる夢」に一緒に向かっていく”というストーリーです。

第1話が放送されると、”トップマネジメントに似ている””パクリではないか?”との疑惑の声が多数あがりました。

君の花になるはトップマネジメントのパクリなのか?2つの作品の類似点や、君の花になるには脚本や原作はあるのかなど、徹底的に調査していきます。

スポンサーリンク
目次

君の花になるはトップマネジメントのパクリなの?

「トップマネジメント」は大人気の韓国ドラマで、韓国で初めて制作されたYouTubeオリジナルドラマです。

韓国では2018年10月31日にパート1 、11月16日にパート2 が公開され大好評でした。日本でも、BS日テレにて2020年11月5日~2021年3月4日毎週木曜 23:00~23:30に放送されていました。

それではさっそく「君の花になる」と「マネジメント」の類似点をみていきましょう!


男性アイドルグループをプロデュース

「君の花になる」は、デビューするも売れないまま解散寸前の男性アイドルグループ「8LOOM」と、寮母になった仲町あす花が一緒にトップアーティストになる夢に向かっていくというストーリーです。

「トップマネジメント」は実力はあるものの、不運に見舞われてしまい解散寸前の男性アイドルグループ「S.O.U.L」を、国内屈指の芸能プロダクション『スターライト』のマネージャーとして入社した女性ユ・ウンソンがマネジメントしていくというストーリーです。

2作品とも、解散寸前の男性アイドルグループをプロデュースするというところが類似点ですね。

ただ大きく違うところもあり、トップマネジメントはマネージャー・ウンソンが持つ特別な能力・予知能力によりマネジメントしていくというところが見どころでもあります。

アイドルのリアルを描く

2作品とも売れないアイドルグループが主役のドラマなので、普段はあまり見られないアイドルのリアルな姿が描かれています。

「君の花になる」ではダンスレッスンのシーンや、メンバー同士がぶつかり合うシーン、同時期にデビューした男性アイドル「CHAYNEY」がトップアイドルになっていて悔しがる様子など、アイドルの裏側のようなリアルな部分が描かれていました。

8LOOMはドラマの中だけではなく期間限定で実際にアイドル活動をしており、2022年9月21日に「Come again」を配信リリースし、メジャーデビューしています。本格的なダンスレッスンなども受けているリアルなアイドルです。

また、8LOOMと同じ「花巻エンターテインメント」に所属する8LOOMの同期でライバルグループでもある「CHAYNEY」は実在する男性アイドルグループ「INI」のメンバーが演じています。

「トップマネジメント」では、ダンスレッスンのシーンなどはもちろん、気になる芸能界の裏側のシーンが数多く描かれています。

”髪の長さ1ミリ単位にまでこだわる広報担当”や”音楽番組よりもバラエティ番組への出演を重視し、売り込みに奔走するウンソン”、”人気プロデューサーの演出に逆らえないアイドル”、”売り出し中のアイドルで恋愛禁止なのにマネージャーのことが気になってしまう”など、本当にリアルな設定になっていました。

どちらの作品も、アイドルのリアルを描いているというところが類似点ですね。

美男美女の人数構成

男性アイドルのドラマなので当たり前かもしれませんが、2作品ともかなりの美男美女が出演しています。まずは「君の花になる」のキャストからみていきましょう!

「君の花になる」の主なキャストは美女・仲町あす花と、美男・アイドルグループ8LOOMメンバーは7人です。

恋愛面では、8LOOMメンバーの古町有起哉が銭湯でアルバイトしている女性・池岡奈緒に片思いしていますが、今後仲町あす花と8LOOMの誰かが恋愛に発展していくのかは今のところわかりません。

続いて「トップマネジメント」のキャストを確認していきましょう。

「トップマネジメント」の主なキャストは、美女・ユ・ウンソンと、美男・アイドルグループS.O.U.Lメンバーは4人です。

S.O.U.Lメンバーのスヨンとヨヌが、恋愛禁止にもかかわらずマネージャーのウンソンに思いを寄せるという、恋の三角関係も描かれています。

1人の美女が男性アイドルグループをプロデュースするという類似点はありますが、男性グループの人数は異なりました。

スポンサーリンク

君の花になるの脚本や原作は?

「君の花になる」には原作がなく、オリジナルドラマ作品です。脚本を担当しているのは脚本家の吉田恵里香さんです

吉田恵里香さんは2022年NHKで放送されたドラマ「恋せぬふたり」で第40回 向田邦子賞を受賞している、ラブコメ作品に定評がある脚本家で、数々の作品を手掛けています。

  • 花のち晴れ〜花男Next Season〜
  • Heaven?〜ご苦楽レストラン〜
  • 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
  • 声春っ!
  • 恋せぬふたり

吉田恵里香さんが脚本を担当された「花のち晴れ 花男 Next Season」ではいろいろなタイプのイケメンが出演し、胸キュンするシーンがたくさんありましたよね。

今回の「君の花になる」では8LOOMとの共同生活が描かれているので、どんな胸キュンシーンがあるのか楽しみですね

スポンサーリンク

ネットの声

「君の花になる」と「トップマネジメント」について、”似てる”や”パクリ”というネットの声がたくさんありました。

https://twitter.com/yamin_6tones/status/1582378006072332288
スポンサーリンク

まとめ

今回はドラマ「君の花になる」が韓国ドラマ「マネジメント」のパクリなのか?調査しました。

”1人の美女が解散寸前の男性アイドルをマネジメントする”という類似点があり、ネットでも似ていると話題になっていましたが、相違点もありました。

原作がないオリジナルドラマで、ラブコメに定評がある吉田恵里香さんが脚本を担当されています。これからどんなストーリーになっていくのか楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次