松原千明の死因は病気が原因で自殺だった?鬱の噂を徹底調査!

笑顔の松原千明

2022年11月16日、女優の松原千明さんが移住先のハワイで亡¥くなっていた事が報じられました。

あまりに突然の訃報に驚かれた方も多かったのではないでしょうか。

これまで病気を患っている事は報じられてきましたが、具体的な内容までは明かされていませんでした。

そこで今回は松原千明さんの死因は病気で鬱だった噂や、自殺について調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
目次

松原千明が急逝していた!

2022年11月16日に悲しいニュースが飛び込んできました。

女優の松原千明さんが急逝していたとの事です。

松原千明さんといえば俳優である石田純一さんが元夫で、1988年に結婚し、2年後に長女のすみれさんが生まれました。

しかし石田純一さんの不倫が原因で1996年に夫婦関係が破綻、1999年に離婚しています。

その後、ハワイへ渡り現地のアメリカ人男性と結婚、同年に長男を出産していますが2009年に二度目の離婚をしています。

  • 1988年:石田純一と結婚
  • 1990年:長女、すみれ出産
  • 1996年:石田純一の不倫発覚
  • 1999年:離婚成立、ハワイへ
  • 2000年:現地のアメリカ人男性と結婚、同年長男を出産
  • 2009年:二度目の離婚

その後2020年10月8日に64歳という若さでお亡くなりになられたそうです。

あまりに突然でびっくりですよね!

一体なぜ松原千明さんはお亡くなりになられたのでしょうか?

スポンサーリンク

松原千明の死因は病気が原因で自殺だった?

現在松原千明さんの死因については詳細不明です。

現在判明してる情報は以下の通りです。

  • 晩年は一人暮らしが続いていた
  • ずっと体調が悪かった為、部屋に引きこもっていた
  • 「母はずっと病気をしていたんだ。入院していたこともあって、ずっと苦しんでいた。でも今はもっと楽な場所に行ったんだと思う……」と息子の達也さんが語っていた
  • 10月8に死亡が確認された
  • 荷物は家族が引き取って、外部に運び出している

もしこれが病気や事故ならば詳細が報じられても良いような気がしますよね。

しかし何も情報が上がってこないという事は遺族に対し、配慮があったのではないでしょうか?

また2017年2月16日のNEWSポストセブンが報じた記事によるとハワイに移住後、二度目の離婚をきっかけに
『死にたい』『さみしい』という言葉をよく口にしていた様です。

60才を前にして、自分は異国の地でひとり──。孤独に苛まれ、いつしか「死にたい」が松原の口癖となっていた。そして2016年秋、ハワイの日本人コミュニティーに、ある噂が駆け巡った。

「松原千明が自殺未遂をしたらしい」

本誌・女性セブンの取材でも、「その話は聞いたことがある」と証言する人間は複数いた。すみれの休業の裏で、松原に何が起きていたのか。

引用:NEWSポストセブン

上記の様に死因が何かの病気ならば公表されているのではないでしょうか?

また、亡くなられてのが1ヶ月も前という事も踏まえると自殺の可能性が高い事が推測されます。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

松原千明は鬱だった?

では松原千明さんは鬱だったのでしょうか?

これまで2度の離婚を経験しており、石田純一さんとの離婚後は周囲の目を気にしてかハワイに移住したという噂もありました。

石田純一さんとの離婚後には「今度こそ幸せな家庭を築きたい」と語っていたそうです。

しかし願いは叶わず再婚相手はいつの間にか仕事を辞め、石田さんからすみれさんに支払われていた月額100万円を超える養育費を無心するようになったそうです。

加えて、女癖の悪さもあったとの事。

さらに週刊誌によると感受性が豊だったようです。

彼女はもともと感受性が豊かで、人にどう見られているかをすごく気にする性格なんです

引用:NEWSポストセブン

周りからどの様に見られているかを過度に気にしてしまう方は鬱病になりやすいのではないかと思われます。

そして息子の達也さんの発言である

「母はずっと病気をしていたんだ。入院していたこともあって、ずっと苦しんでいた。でも今はもっと楽な場所に行ったんだと思う……」

この事を踏まえても松原千明さんは寂しい思いをしながら闘っていたのかもしれませんね。

まとめ

今回は松原千明さんの死因や病気について調べてみました。

とても心優しい家族想いの方だった事が想像されます。

松原千明さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次