柴崎コウが北海道に移住した理由はなぜ?自宅は東川町のおしゃれハウスだった!

笑顔の柴崎コウ

女優をしながら「レトロワグラース株式会社」の代表取締役を務める柴崎コウさん。

最近ではガリレオ「沈黙のパレード」で福山雅治さんの相方役を務めるなど、公私ともに忙しそうですね。

そんな柴咲コウさんが北海道に移住した理由は一体なぜなのでしょうか?

また東川町を選んだ理由は父親の影響という噂についても調べたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

柴崎コウが北海道に移住した理由はなぜ?

柴咲コウさんが北海道に移住した一番の理由が父親の影響だと思われます。

コロナ渦という状況で今の生活を振り返った時、改めて自分自身の生き方や暮らし方を考え直したそうです。

元々柴咲コウさんのご両親は北海道の出身ということもあり、この地に決めたんですね。

そもそも両親が北海道の出身で、母は亡くなっているんですけど、礼文島の出身だったんですね。

父は旭川の出身で、子どものころ、スキーをしに連れてきてもらって、旭川の方にはもともと縁があって。

ただ、大人になるまで、自分が北海道に住むとか、実験的なことをそこでやってみるなんていう発想は全然なくて。

でも、緊急事態宣言の影響で、自分に思わぬ余暇ができて、東京の暮らしの中で自然に触れることというのをより一層欲するようになったんですよね

本当は父親の避暑地として作ったお家なのですがなかなか遊びに来てくれないそうです!

しかしこんな父親思いの娘さんなんてお父さんが羨ましいですね。

都会で仕事をするだけの自分に飽きてきた

柴咲コウさんは東京で仕事するだけの自分に疑問も抱いていたようです。

ひと所にとどまって、都会で仕事をするだけの自分に飽きてきた。

真の豊かさとはなんぞや!”と思った時に、もともとあるものだったり、自分では作り出せないもの、自然だったり、森だったり、他の動植物だったり、それを感じられる機会が少ない人生って豊かなのかなって思って。

できることなら、そういうのに触れる時間を持ちたいし、それが自分の豊かさにつながるなと思って

単身でいきなり北海道に自宅を建てるなんてとても勇気が必要なのに流石は活躍されている女優さん。

行動力が違いますよね!

真の豊かさがきっとそこにあるハズです。

スポンサーリンク

自宅は東川町のおしゃれハウスだった!

柴咲コウさんは東川町におしゃれハウスの一軒家を建てました。

薪ストーブもあるとってもおしゃれなお家です。

ルームツアーの動画がこちら↓↓↓

広さは約30坪で2LDKのようです。

自然と調和したような雰囲気でとても落ち着きそうです。

北海道という場所なだけに雪対策として玄関には石をしようしたり、足元にはストーブなどこだわりが伝わります。

中でも目を引くのは薪ストーブではないでしょうか!

森の雰囲気にピッタリでセンスの良さが光ります☆

北海道東川町

2年ほど前の動画でも紹介されていましたが、移住先を探すに当たっての拠点が北海道上川郡東川町にあるVillaニセウコロコロ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次