『トリリオンゲーム』1話ネタバレあらすじ感想「異色の最強タッグの誕生」

トリリオンゲーム1話

目黒蓮さん主演と今田美桜さんがヒロインを演じるトリリオンゲームが2023年7月14日(金)よりスタートしました。

『トリリオンゲーム』は目黒蓮さんが演じる世界一のワガママ男”ハル”と、佐野勇斗さんが演じるまじめで不器用なエンジニア”ガク”の2人がトリリオンダラーを目指して成り上がるサクセスストーリーです!

この記事では『トリリオンゲーム』1話ネタバレあらすじ感想「異色の最強タッグの誕生」をご紹介していきたいと思います。

トリリオンゲームは漫画が原作でドラマ化された大人気シリーズです

ドラマ『トリリオンゲーム』は日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」なら安心して、31日間無料で視聴できますよ♪

U-NEXTは、2007年にサービスを開始し、現在見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中で、ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

※2023年7月現在の情報になります(詳しくは常識サイトをご確認ください)

目次

ネタバレ『トリリオンゲーム』1話「異色の最強タッグの誕生」

ハルとガク

ドラゴンバンク面接会場、カリスマ経営者・黒龍一真(國村隼)の一人娘で取締役の黒龍キリカ/桐姫(今田美桜)は、2人に面白さを感じ、目をつけます。

1人は平学/ガク(佐野勇斗)、人前では超緊張するタイプですが、優れたプログラミングスキルを持っています。

もう1人は天王寺陽/ハル(目黒蓮)、類いまれなコミュニケーション能力を持つ、生まれついての人たらしです。

面接の失敗で終わったと思っているガクと超ポジティブのハルは一緒に街中華へ。

そもそも2人が出会ったのは学生時代。

ガクがチンピラにからまれて、持っているものを巻き上げられようとしている時でした。

そこにハルが現れ、監視カメラの死角でフルボッコします。

しかし、ひょんなことからカメラにこの様子が録画されてしまいます。

暴力沙汰を起こしたハルは退学だとあきらめていましたが、それをガクが救います。

カメラをハッキングして、問題の動画データを消去してしまったのです。

その時から仲の良い2人。

意気消沈しているガクに対し、ハルは内定式で会おう!と明るく話します。

始動

ドラゴンバンクの内定式がやって来ました。

しかし、ガクは内定がもらえず、よりによって内定式行われている外で窓清掃のバイト。

そこにハルが現れます。

ガクがこの会社にいないので辞めたと。

さらにハルは自分たちで会社を立ち上げると言い出します。

1兆ドル稼いで、全てを手に入れるトリリオンゲーム!

こうして2人は会社を立ち上げることになります。

とはいうものの、何をするか?どう資金を集めるのか?これから考えると言い出すハル。

有無を言わさずガクを連れ、投資家のもとへ出向きます。

投資家たちは会ってはくれるものの、なかなか頭を縦に振りません。

たくさんの投資家に断られ続けます。

そして最後の手段、ハルは内定式でいきなり辞めたドラゴンバンクの桐姫に連絡をとります。

ハルの戦略

直に桐姫と会う2人。

友情で作られた企業は必ず壊れると2人は言われてしまいます。

しかし、ハルは彼女の言うことなど気にせず、出資を迫ります。

そのうちゲーム勝負で出資を決めることになります。

勝ったハルに桐姫が用意したのは1億円

もちろん契約書も用意されていました。

その中には、桐姫側の持ち株比率が51%とありました

すなわちハルたちが会社を立ち上げても実質的な支配者は桐姫ということです。

桐姫の一言でハルたちは失業、会社の全てを奪われることになりかねません。

桐姫のもとを後にしたハルは当然出資を断るつもりでした

それだけでなく、桐姫が大金を出資すると言う話をエサにして他の投資家たちからもっと多額の出資金を引き出そうと言う算段です。

そんな中、ドラゴンバンクが主催するハッカー大会「セキュリティ・チャンピオンシップ」が開催されることを聞きつけます。

大会で優勝すれば、多くの投資家からのカネが舞い込みます。

そのため、ハルはガクを大会に送り込むことにします。

ハッカー大会予選

大会予選が開始されます。

ガクは昼夜クイズを解くことになります。

しばらくすると1人でやっていたガクは、他の複数人で参加しているチームに溝を開けられていきます。

そこにハルが帰って来ると、驚きの事実が判明。

ハルが開催していた飲み会に参加していた100人を仲間に引き込んでいたのです。

その100人の援護を受け、順位を上げまくるガク。

タイムリミットが迫り、最後の賭け、最高得点問題にチャレンジし、とうとう成功します。

そして気分よく朝日を拝むことに。

スポンサーリンク

ハッカー大会決勝

大会の決勝では、12チームの覇権争いとなります。

ハルとガクに興味を持った『祁答院ベンチャーキャピタル』の社長で投資家の祁答院一輝(吉川晃司)も観客席に足を運びます。

会場に遅ればせながら現れたハルは神主のコスプレ。

そんな中、ゲームは開幕します。

するとハルはお祓い棒を大きくフリフリ。

参加者たちはwifi接続をしようとするも、なかなかつながらない状況になります。

実は、ハルが大きく振っていたお祓い棒にタネがあり、電波障害を起こしていたのです。

ハルのアドバイス通り、開始一分後に作動させたガクは、ハルが別個に用意していたルーターに接続。

サクサクと動き、大きくゲームの点数を伸ばします。

そのうち接続できた他のチームたちはガクだけを集中攻撃。

そのためガクの順位は落ちる一方です。

もはや打つ手なしと思い、あきらめかけるガク。

そんな時、ハルはもう一つとっておきの秘策があると伝えます。

参加者は全員ハルが用意したルーターに接続。

 

このことで、ガクは敵の城に侵入し放題と言う状況になったのです。

ガンガンポイントを稼ぎ始めます。

みるみるうちに順位を上げ、とうとうトップに返り咲き。

そして優勝が決定します。

しかしながら、電波障害を起こしたという理由で2人は失格に。

それでも2人は満足でした。

この大会が絶対ではないと分かっているのです。

彼らの戦い方を見た桐姫は彼らのことがますます欲しくなります。

会場をあとにする2人の前に現れたのは祁答院。

そして「俺がお前らを買ってやる」と伝えるのでした。

スポンサーリンク

感想『トリリオンゲーム』1話「異色の最強タッグの誕生」

ハルの発想のすごさに圧倒されました!

なんか、考えることがデカい!

ハルを演じるめめのあの笑顔を見せられちゃうと、何だか場がなごやかになっちゃいますよね♪

それからガクを演じる佐野くんの、あの挙動不審さに笑えました。

何とも面白いですよ。

彼ら2人からどんな発想が飛び出してくるのか?今後とも注目です。

今回は、ハッカー大会でのハルの行動、一旦ゲームでフルボッコされ、万事休すかと思われたガクが大逆転するシーンは爽快です!

後半に出て来た祁答院を演じる吉川さんも存在感抜群です。

U-NEXTは、2007年にサービスを開始し、現在見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中で、ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

※2023年7月現在の情報になります(詳しくは常識サイトをご確認ください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次