渡辺徹はいつから人工透析を受けていた?死因にコロナワクチンは関係ない?

渡辺徹

2022年12月2日に俳優でタレントの渡辺徹さんが都内の病院でお亡くなりになったニュースが飛び込んできました。

報道によるとどうやら敗血症が原因のようです。

過去にも渡辺徹さんは様々な病気を発症しており人工透析なども受けていたようです。

そこで今回は一体いつから人工透析を受けていたのか、さらに死因はコロナワクチンという噂についても調べてみましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

渡辺徹が敗血症で亡くなった

11月28日午後9時1分に渡辺徹さんが都内の病院でお亡くなりになられた事が報じられました。

記事によると11月20日に発熱、腹痛などの症状が出たため、都内の病院で検査を受け、細菌性胃腸炎と診断されたそうです。

これを受け入院しておりましたがその後、敗血症と診断され治療を受けていたが回復しなかったとの事です。

どうやら渡辺徹さんは過去に別の病気で人工透析なども受けていた事が判明しています。

スポンサーリンク

渡辺徹はいつから人工透析を受けていた?

おしどり夫婦としても知られていた渡辺徹さんですが実は30代の頃から糖尿病を患っていました。

そして糖尿病が原因となり慢性腎不全のため人工透析も受けていたようです。

他にも様残な病気を患っていた事が判明しています。

  • 2012年:虚血性心疾患
  • 2012年4月:大動脈弁狭窄(きょうさく)症の手術
  • 2013年:膵炎(すいえん)で入院

これらは渡辺徹さんが隠れて暴飲暴食などを繰り返していた事が原因のようです。

渡辺徹さんは大のマヨネーズ大好きでなマヨラーであった事も知られています。

なんと1日に6000キロカロリーを摂取していたんだとか!

さらには急激なダイエットやリバウンドなどを繰り返し、体には相当な負担がかかっていたと思われます。

こういった食生活が病気に影響を与えていたのだろうと推測できますね。

一方で死因はコロナワクチンではないかなどの噂もあるようです。

スポンサーリンク

渡辺徹の死因はコロナワクチンが原因?

どうやらネット上で死因はコロナワクチンと噂になっているようですね。

しかし確かな情報は一切なく死因には関係がないかと思われます。

ただ中には気になるコメントもありました。

新型コロナワクチンを接種すると敗血症死亡率は通常の21倍に跳ね上がります

こういった内容がきっかけでコロナワクチンが死因と結び付けてしまったのかもしれませんね。

過去には渡辺徹さんがコロナ後の後遺症に悩まされ注意喚起をしていた経緯もあり情報が錯乱してしまったのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は渡辺徹さんがいつから人工透析をしていたのか、また死因についてネット上で言われている情報をまとめました。

明るいキャラと面倒見の良さからたくさんの芸能人や著名人の方から親しまれていたのだと思います。

大切な人の為にも暴飲暴食などには気を付けて健康と向き合っていきたいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次